プロミスで借りたらどうなるのか気になるので体験談を調べています

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これこそまさに過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことにより法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融プロミスなどがあります。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でプロミスの借りやすいキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融プロミスが大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、年収の3分の1を超える融資を不可とするものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるプロミスのキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融のプロミスのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

参照サイト:プロミス借りたらヤバい?お金借りるには【借りた私の口コミ】

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、消費者金融プロミスには貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融プロミスですが審査能力は非常に高いです。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融プロミス業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融プロミス業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融プロミスの方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、消費者金融のプロミスのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

消費者金融のプロミスのキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。