医療脱毛おすすめはどこ?VIO効果の高いクリニックは?掛け持ちできる?

ムダ毛が気になり脱毛を考える人も少なくないと思いますがネ光脱毛とレーザーによる医療脱毛の2種類がネットで調べると出てきます。

ここではこの2種類の違いやメリットを簡単にまとめてみました。

まず最大の違いとしては光脱毛は減毛効果になり永久脱毛と呼ばれるのはレーザー脱毛のことだけです。

光脱毛はレーザーよりも出力が低いので低価格で行えることがメリットですが一時的な減毛、抑毛なので時間経過で元に戻ってしまいます。

レーザー脱毛の特徴としては出力が高いので毛根を破壊し毛の再生率が低くなるので永続的に効果が得られますが処置をする部位によっては痛みが多少あるようです。

脱毛に関してインターネットで調べているとサロンで行われる光脱毛と医療機関で行われるレーザーによる医療脱毛の2種類がありますがみなさんはどういった違いがあるかを知っていますか?最も大きい違いとはエステサロンでは永久脱毛はできず医療機関・クリニックでしかできないという点です。

なぜかというと使われている機械がエステの場合は出力が弱く時間経過で元に戻ってしまいます。

反面、レーザーの場合は毛根と周りの細胞を破壊するので永続的に効果が発揮されます。

また、施術する回数もエステの場合は15回前後となることが多いですがレーザーの場合は6回前後と短いと言われています。

男性の方は脱毛と聞いても女性だけのものと思っているのではないでしょうか。

最近では男性でもヒゲやワキの脱毛をする人も増えているようです。

行う人の傾向としては学生時代から濃くてからかわれるなどコンプレックスだった人が多いようです。

永久に伸びないようにするには医療脱毛を活用することになります。

脱毛を行うと雰囲気がガラッと変わることや朝の忙しい時間に髭剃りをしなくていいなどのメリットがあります。

ただ、脱毛を後悔している人も一定数いるようです。

その理由としては脱毛する時は全て脱毛したいと思っていても一度ツルツルになった後は生えてこなくなるため後から恋しくなってしまうようです。

そのため、全てをなくすのではなくデザイン脱毛と呼ばれる一部残す選択肢もあります。

多くの人は脱毛をしたことがなくどんな風に行われるのかや必要な費用や期間など様々な不安があると思います。

実際にネットで医療脱毛などの費用を調べると全身行おうとすると数十万円単位の費用がかかってしまいます。

なぜこれだけの費用が必要なのかというと効果を実感しやすくなるのは複数回目以降なのでコースでの契約を前提にしているからです。

ただ、最近では料金面の悩みを受けてなのか1回のみから処置しているクリニックもあります。

初めてだからお試しでどんな感じか受けてみたいなどの場合は都度支払いでもいいですが部位によっては効果を実感しにくいことがあります。

CMなどでよくアリシアなどの脱毛の広告を見ますが利用してみたいと思っても何を基準にして選べば良いかわからないという方も多くいるはずです。

選ぶ際に重視するポイントがいくつかあります。

特に店舗ごとに差が出てくるのは予約の取りやすさや追加料金がいくらくらいかかるか、アフターサービスの充実度と言われています。

また利用する店舗を選ぶ前に光による施術で毛根にダメージを与えて一時的に毛の成長を抑える方法をと取るか信頼できる医療機関で毛根と毛母細胞を破壊して毛が生えないようにする医療脱毛にするかを選択する必要もあります。

ムダ毛や脱毛に関する情報の大半が「ムダ毛が多くて悩んでいる人」向けで「毛が薄い人」の脱毛については圧倒的に少ないです。

また、よくあるのが毛量が少ないので自己処理で済むと思って続けているうちに毛穴目立ちなどが発生してしまうことです。

こういった油断をしがちだからこそ薄い人も脱毛でツルツルにしておきたいところですが実はムダ毛の濃い人よりも医療脱毛を行うに当たって注意点は多いです。

特に勘違いしがちなのが薄毛だから脱毛もすぐに終わると思ってしまうことです。

薄毛の傾向のある人でも処置を受ける期間は基本的には変わらないと考えてください。

なぜかというと使用される機械は毛の色素に反応して毛根などを破壊しますがそのため、場合によっては全身ではなく気になる部分だけの脱毛も考えておきましょう。

面倒くさい肌の手入れをしないで済む永久脱毛ですが情報を集めてみると高額な料金を理由に諦める人も多いようです。

実際、施術を考えた場合に費用を気にする人は多いでしょう。

費用をできるだけ抑えようとした場合、光脱毛の脱毛サロンも選択肢に挙がりますが脱毛効果という面から見ると医療脱毛に比べ出力が低く効果が出るまでに回数が人によっては倍以上の回数がかかってしまうことや一時的な減毛にしかならないので時間が経つと元に戻ってしまいます。

対して、医療機関の行うレーザー脱毛は出力が強く少ない回数で永続的な脱毛が可能です。

気になる料金も全身ではなく腕だけなどのように部位を限定することで費用を抑えられるのでまずは見積もりだけでもお願いしてみてはどうでしょうか。

脱毛を考えた場合、光脱毛と医療脱毛の2つを比較することが多いですがどのような違いがあるかを理解している人は少ないのではないでしょうか。

一番異なる部分としては光脱毛は一時的な抑毛効果、レーザーは永続的な効果と目的が違います。

また、永久脱毛と呼ばれるものは医療機関でのみ行えます。

どちらもムダ毛が無くなるのは同じですが数年後もほぼ復活しないのはレーザー脱毛を行なった場合になります。

期間や費用もそれぞれで異なり、光の場合は料金が安いですが回数は2年から3年程度、レーザー脱毛の場合は5回から8回程度が目安となっています。

この違いは使われている機械のパワーの差によります。

美しい肌に保つためにはムダ毛ケアは欠かせません。

ただ、そうは思っていてもムダ毛ケアはだんだん面倒になってきます。

そのため医療脱毛を行ってその面倒くささから解放されたいという人も多いようです。

ただ、その脱毛クリニックがどんな場所か最初はわからなく費用や回数もどのくらいかかるかわからないのでまずは無料カウンセリングでお店の清潔さや見積もりを出してもらうなど確認することをおすすめします。

カウンセリングの際に何を質問したらいいか迷う、ということが考えられます。

脱毛以外にキャンセル料やカミソリ代などはかかるのかや他の店舗でも施術は受けられるかなど質問したいことをメモしておきましょう。

肌の悩みに関するアンケートを見るとムダ毛ケアに悩みを持っているという人も多いようです。

主な悩みとしては処理した後に肌が炎症を起こしてしまうことや、週に1回以上の頻度で3割以上の人が行うからか面倒ということがあるようです。

そういった悩みを解決する方法として医療脱毛があります。

要するにレーザーを使った永久脱毛のことです。

料金面を比較するとエステサロンで行なっている光脱毛の方が安いですがこちらでは一時的な減毛にしかなりません。

一方、レーザーの方は細胞を破壊してくれるので永続的な効果を得られます。

各クリニックでは無料カウンセリングなどを行なっているので利用してみてください。

腕の毛や顔の毛などお手入れするの面倒になってくることも多いです。

そのため、脱毛クリニックで医療脱毛をしようと考える人もいます。

ただ、脱毛クリニックでの施術は痛みがあるという話も聞きどのくらい痛いかわからず不安なので行きにくいという方も多いようです。

では実際のところどうなっているのでしょうか、口コミなどで調べてみました。

なぜ医療脱毛は痛いと言われるかというと使うレーザーの強くて効果が高いので刺激を伴うこともあるからです。

現在では痛みを抑える冷却機能が備わっているなどなるべく痛くないようになっています。

ただ、VIO脱毛など部位によっては痛い場合もあります。

実際に行った人の口コミでも思ったより痛くないという声は多いです。

夏などの肌の露出が増える時期が近くなると普段以上にムダ毛が気になると思います。

いっそのこと脱毛してしまおうと思い調べてみると医療機関で受けられる医療脱毛とエステ脱毛という2種類が出てきます。

その際、そんな違いがあるかわからないという人も少なくないと思うので特徴をまとめてみました。

医療機関ではレーザーを使った脱毛が行われており、レーザーが毛根などの細胞を壊すことで毛の再生力をなくす永久脱毛と呼ばれる処置になります。

エステではレーザーよりもパワーの弱い光脱毛と呼ばれる方法です。

こちらでは、毛根にダメージを与えることで一時的に毛の成長を抑えます。

そのうち元に戻るのがエステ、恒久的に生えてこないのが医療機関と持続時間が違います。

突然ですが永久脱毛で人気な部位はどこだと思いますか?特に人気な箇所は脇とvioゾーンと言われています。

脱毛する利点としては夏場などの薄着になる季節や肌の露出が増える際に気にしなくて済むことなどが挙げられます。

方法としてはエステなどで行われる光脱毛とレーザーによる医療脱毛の2種類がありますが光脱毛では一時的な減毛効果しか得られず、永続的な効果を得ようとするならばレーザーを選ぶ方が良いです。

効果が実感できると言われている回数が2、3回とされていますが自己処理不要にしたい場合は5回以上のコースを選べましょう。

気になる費用も特別料金が設定されていることも多いので相談だけでもしてみてください。

最近では、vioを脱毛するのが当たり前になりつつあるそうです。

実際に脱毛を行うクリニックではワキと並んで人気の部位のようです。

行う年代としては女性らしく見えるように整えたいという20から30代の人だけでなく50代以上の人では将来介護されるようになった時のためにという理由があるようです。

一般的に医療脱毛で多いのが5回ですがvioは太く頑固な毛が密集している場所なので多くの人が5回では足りず8回程度の回数が必要と思っておく方がいいです。

行うメリットとしては夏場の水着などを気にしないで済むようになることや生理後など衛生的に保てるので快適なことなどわかります。

詳しい費用や期間などはクリニックごとに変わるのでまずは相談だけでもしてみてください。

ムダ毛処理などの困りごとを解決する永久脱毛ですが実は永久脱毛と呼ばれている行為は医療機関で行われている医療脱毛のことを指します。

そのため、エステサロンで行われている脱毛は永久脱毛とは呼ばれていません。

夏の水着など肌の露出が増える時期に向けて脱毛を考えている人の中には複数のクリニックを並行して行ったら早く終わるのではないかと考える人もいると思います。

そういったことはないと考えてください。

特に、全身脱毛をする場合には掛け持ちをする意味はありません。

なぜかというと脱毛は毛の成長期に照射をすることで効果が得られるものなので照射可能な時期は限られているからです。

もし掛け持ちを考えるのなら、クリニックの予約がなかなか取れない場合や腕はこっち、脇はあっちというように部位が被らないように選びましょう。

引用:http://www.maroc-topsite.biz/