借りやすい教育ローンってある?学費を借りる場合おすすめは?

教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

みずほ銀行カードローンや三菱UFJ銀行で教育ローンを借りている人も多いですね。

その中で最もおすすめなのは国の教育ローンという国で融資してくれるローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

使途は大学や高校以外にも中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い道も入学金や授業料に限ったことでなく学校納付金はもちろんのこと、在学のため必要となる住居費用の支払も認められています。

大手・地方問わず銀行の借りやすい教育ローンは普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きくローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で完結する銀行もだいぶ増え、利便性も向上しています。

一般的に「教育ローン」 というのは、商品の特性上、教育だけの使用目的となります。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を所有していると優遇金利を受けられるといった銀行が多いです。

給与振込の口座として使っていたりや住宅ローンを利用していると金利が割引になる銀行もあります。

教育ローンというローンをご存知ですか?教育ローンとは使途が教育に関連する費用に限定されたローンです。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の小・中学校でもローンの対象となります。

融資してくれる金融機関は銀行やノンバンクになります。

事前に確認しておきたい点として、金融機関によっては保育園の費用や習い事には利用不可としているローンがあります。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し相互扶助を目的に設立された非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので金利は2から3%程度になっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額でローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

地方の労金の場合は入学金や学費以外に子供への仕送りや下宿代に利用することも許可しています。

教育ローンが借りれないという人はどういう人でしょうか?きっと何かしらの原因があるのではないかと思います。

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職や年金受給者は借りれません。

正社員でなくても融資を受けることはできますが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

非正規雇用として契約している方は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

また、年収も200万円以下の場合は審査をクリアすることは難しいでしょう。

高校生の学費なら安いのでは思う方もいるかもしれませんが、私立なら入学金も必要ですし、年間70万円以上もかかります。

学費が払えないとどうなるか?最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。学費を借りる場合おすすめはやはり金利が安いところでしょう。借りやすい教育ローンは金利が高めの所が多いです。

高校は教育機関なのですぐに除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

払えないときの解決方法はもう借金しかありませんが借りる先を誤ってしまうと大変なことになります。

日本政策金融公庫が管理する教育一般貸付(国の教育ローン)なら低所得者の味方なので安心して借りることができます。

学生本人が教育ローンの融資を受けるということは基本的にはできないと思われます。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は借金契約ができる人間でなければいけません。

そのためにはまずは成人であることが求められますし安定継続した収入があることが前提となります。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。借りやすい教育ローンってあるものなんでしょうか?学費を借りるのか、生活費も含めて借りるのかで、申し込みするところも違うといいます。

故に、国の教育ローンに融資を期待するよりも銀行の教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

教育ローンでいくらまで借りられるか?という疑問を抱いている方はいませんか?いくらまで借りられるかは銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の借りやすい教育ローンは最高350万円です。

民間で運営している銀行では300万円から1000万円程度が一般的です。

国や銀行の教育ローンの審査に通らなかったり、急ぎでお金が必要になって借りやすい教育ローンをお探しの人もいるでしょう。

口コミなどでおすすめされているのは ジャパンネット銀行やアコムやバンクイックなどの民間の教育ローンです。

審査が通りやすいとか通りにくいとか借りやすいのはどこかなど、口コミなどでよく論議されておりますので、そちらも参考にするといいと思います。

参考:借りやすい教育ローンとは?審査通りやすい?【学費を借りる方法】

借りやすい教育ローンというのは正社員や大手企業の人向けだけではなく、契約社員などでも申し込みできるという点も大きいと思います。

教育ローンの審査が通りやすいか通らないかというのは個人の属性や年収、他社借入の金額などにも左右されるといいます。

進学先が医学部や獣医学部などといった医療系の学部であれば、最大3000万円までの教育ローンを組める銀行もあります。

一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

国の借りやすい教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円まで借り入れることが可能です。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利なので安心して利用することができます。

子供の人数や世帯年収(所得)によって受けられる優遇制度もあります。

使い道は民間の金融機関よりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

カードローン型と呼ばれる教育ローンをご存知ですか?一般的なカードローンと同じで個人に与えられた限度額の範囲内なら自分の好きなタイミングで自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

通常のカードローンとの違いは教育資金以外に使えないことです。

ノンバンクや消費者金融などに多い商品ですが一部の銀行でもカードローン型を提供しています。

必要な金額が明確に出やすい初年度は一括借入れ型で詳細が読みづらい2年目以降はカードローン型という金融機関もあります。